特集記事

2022年に使えなくなるETCの見分け方!古いETC車載器は要注意

特集記事

ETCの2022年問題をご存知でしょうか?

電波法の改正により一部のETC車載器が使えなくなるというものですが、古いETC車載器をお使いの方はぜひ一度ご確認を

では使えなくなるETC車載器はどうやって判別すれば良いのか、その見分け方についてご紹介します。

ETCの2022年問題とは?

まずETCの2022年問題とは、電波法関連法令の改正により、2022年(令和4年)12月1日以降、旧規格の一部ETC車載器が使えなくなるというものです。(詳細はこちらの「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値 / 総務省電波利用ホームページ」でご確認いただけます)

つまり使えなくなるのは古い一部のETC車載器で、全てのETCが使えなくなるわけではありませんのでご安心を。

ETCレーンを通過できなくなる?

では2022年12月以降に万が一、旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器で高速道路のETCレーンを通過するとどうなるのでしょうか?

よくあるご質問(旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器について) / 国土交通省WEBサイト」によると、急に料金が精算されなくなったり、ETCゲートが開かなくなるといったようなことは無いそうです。

しかし旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器をそのまま使い続けることは電波法違反となる可能性があるため、早めに対応するのが良さそうです。

2022年12月以降に使えなくなるETCの見分け方

では使えなくなるETC車載器はどうやって見分ければ良いのでしょうか?

国土交通省によると、2007年(平成19年)以前の技術基準適合証明・工事設計認証(旧スプリアス認証)を受け、製造されたETC車載器が規制対象となります。

ARIB STD-T75準拠品が該当すると考えられますが、車載器本体の外観や車載器管理番号(19桁の識別番号)からは判別することができないため、車載器メーカーや自動車メーカー各社のホームページで確認する必要があるとのことです。

ということで、主要なメーカーのホームページを確認してみました。

パナソニック

平成34年12月1日以降使用できなくなる機種一覧 ( )内は車載器型式登録番号

  • C03002T(0321) 実験機として出荷
  • C03002B(0354) 実験機として出荷
  • CN-RX0600AK(0389) 実験機として出荷

引用:セキュリティ規格・型式登録番号・スプリアス規格 / パナソニックWEBサイト

三菱

当社の全てのETC/ETC2.0車載器は新スプリアス規格に対応しており、2022年12月1日以降も安心してご使用いただけます。
引用:スプリアス規格の変更に関するお知らせ / 三菱電機WEBサイト

古野電気

古野電気製、三菱重工業製(三菱自動車向け含む)のETC車載器はすべて新スプリアス規格に対応しており、2022年12月1日以降も安心してご使用いただけます。
引用:旧スプリアス規格のETC車載器の利用について / フルノ製品情報サイト

トヨタ

トヨタ純正ETC車載器につきましては、すべて新スプリアス規格に対応しています。
引用:自分のETC車載器は、新スプリアス規格に対応していますか? / トヨタWEBサイト

デンソー

ご使用できなくなるデンソー製ETC車載器は以下の通りです。

  • 型式 DIU-3102(型式登録番号 0209 / 2001年4月~2004年4月製造品)
  • 型式 DIU-3104(型式登録番号 0211 / 2001年6月製造品)

引用:旧スプリアス規格に基づき製造されたETC車載器に関するお知らせ / デンソーWEBサイト

パイオニア

弊社のETC/ETC2.0(DSRC)車載器は、平成17年12月1日に改正された無線設備規則(昭和25年電波監理委員会規則第18号)の技術基準を満たす新スプリアス規格に対応済。一部生産完了商品(ND-ETC1)につきましても、無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)附則第5条第3項法令により、2022年12月1日以降も利用が可能となっています。
引用:スプリアス規格について / パイオニアWEBサイト

アルパイン

アルパイン製のETC/DSRC/ETC2.0車載器は新規格に対応していますので、2022年12月1日以降もご使用いただけます。
引用:アルパイン製ETC車載器に関するスプリアス規格変更に関するお知らせ / アルパインWEBサイト

矢崎

1.2022 年 12 月 1 ⽇以降、使用すると違法となるETC⾞載器

  • NO1 製品名称/型式名称 ETC-YM2N 型式番号 0218
  • NO2 製品名称/型式名称 ETC-YM5 型式番号 0258

引用:【重要】旧スプリアス規格に基づき製造された ETC ⾞載器に関するお知らせ / 矢崎グループWEBサイト

ケンウッド

こちらの「新旧セキュリティ/スプリアス規格 機種別比較一覧表 / ケンウッドWEBサイト」には該当機種の記載はありませんでした。

2030年以降より多くのETCが使用不可に

また上記の件とは別に、2030年頃までにETCのセキュリティ規格の変更が予定されており、それに伴ってさらに多くのETC車載器が使用できなくなる見込みです。

こちらについてはまた後日紹介させていただきます。

サポカー補助金って何?新車だけでなく中古車や後付装置も対象に!

特集記事

高齢ドライバーの交通死亡事故

高齢化が進む中で、社会問題として度々メディアで取り上げられる高齢ドライバーによる交通死亡事故。
年々減少傾向にある交通死亡事故件数ですが、その中で75歳以上の高齢ドライバーによる事故件数は毎年400件以上にも上り、件数全体に占める割合は2019年で14.4%となっています。

高齢ドライバーの事故要因では、ブレーキやアクセルの踏み間違えやハンドル操作のミスが最も多いといいます。

そこでいま高齢ドライバーを含む全てのドライバーの交通死亡事故対策の一環として、自動ブレーキなど先進の安全運転支援システムを搭載した「サポカー」の普及啓発が政府や自動車メーカーによって進められています。

では、そのサポカーとは一体どんな技術なのでしょうか?

サポカーとサポカーS

衝突被害軽減ブレーキを搭載した車を「サポカー
衝突被害軽減ブレーキに加えてペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した車を「サポカーSと言います。

またサポカーSは衝突被害軽減ブレーキの機能に応じて3つの区分があります。

サポカーの区分
サポカーS ワイド 衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト
ベーシック+ 衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い急発進抑制装置
ベーシック 低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い急発進抑制装置
サポカー 衝突被害軽減ブレーキ

衝突被害軽減ブレーキ
車載のカメラやレーダーで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合にはまず警報を鳴らしてドライバーに知らて回避を促します。
その上でさらに衝突の可能性が高い場合には自動ブレーキを作動します。

ペダル踏み間違い時加速抑制装置
サポカーSに搭載されているペダル踏み間違い時加速抑制装置は、停車中や低速走行時に車載のカメラやレーダーが進行方向の壁や車両を検知した状態で、ブレーキと間違ってアクセルを踏み込んだ場合、エンジンの出力を制御して急な加速や衝突を防ぎます。

車線逸脱警報装置
車載のカメラで道路上の車線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合やはみ出した場合、警報を鳴らしてドライバーに知らせます。

先進ライト
前方の先行車や対向車等を検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えたり、減光等を行います。

サポカー補助金

令和2年3月9日から高齢ドライバーのサポカー購入を支援する「サポカー補助金」の申請受付が開始しました。
65歳以上の方がサポカー補助金の対象車を購入する際、最大10万円の補助金が国から交付されます。(令和2年度中に満65歳以上となる方が対象)

新車はもちろん、中古車もサポカー補助金の対象です。

サポカー補助金の補助金額
区分 ①対歩行者衝突被害軽減ブレーキ機能
②ペダル踏み間違い急発進等抑制装置機能
①かつ②を搭載する車 ①のみを搭載する車
新車 普通車 10万円 6万円
軽自動車 7万円 3万円
中古車 4万円 2万円

新車については令和元年12月23日以降に新車新規登録(届出)された普通自動車(軽自動車)が、中古車については令和2年3月9日以降に中古車として登録(届出)された普通自動車(軽自動車)が対象となります。

また対象となる新車・中古車の購入以外に、すでに所有している車に「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」を後付けする場合もサポカー補助金の対象となります
補助金額は障害物検知機能付きなら4万円、障害物検知機能が無い場合は2万円です。(※後付け装置については、補助金は販売事業者に交付され後付け装置の購入・取付けに要する費用から補助金額分が控除された額を支払うこととなります)

サポカー補助金の対象となる車種や後付け装置は「サポカー補助金 / 経済産業省WEBサイト」からご確認いただけます。
またサポカー補助金の申請手続きにつきましては「サポカー補助金のご案内 / 次世代自動車振興センターWEBサイト」をご覧ください。

サポカー補助金は申請総額が予算額を超過次第、募集終了となります。

65歳以上のドライバーの方、ぜひお得なこの機会にサポカーへの乗り換えてみてはいかがでしょうか。

 

 

  • カーボックス
  • 〒614-8066 京都府八幡市八幡大芝52番地1
    営業時間/9:00~18:00【水曜定休】
  • カーボックス TEL
  • カーボックス FAX