2022年に使えなくなるETCの見分け方!古いETC車載器は要注意

LINEで送る

ETCの2022年問題をご存知でしょうか?

電波法の改正により一部のETC車載器が使えなくなるというものですが、古いETC車載器をお使いの方はぜひ一度ご確認を

では使えなくなるETC車載器はどうやって判別すれば良いのか、その見分け方についてご紹介します。

ETCの2022年問題とは?

まずETCの2022年問題とは、電波法関連法令の改正により、2022年(令和4年)12月1日以降、旧規格の一部ETC車載器が使えなくなるというものです。(詳細はこちらの「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値 / 総務省電波利用ホームページ」でご確認いただけます)

つまり使えなくなるのは古い一部のETC車載器で、全てのETCが使えなくなるわけではありませんのでご安心を。

ETCレーンを通過できなくなる?

では2022年12月以降に万が一、旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器で高速道路のETCレーンを通過するとどうなるのでしょうか?

よくあるご質問(旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器について) / 国土交通省WEBサイト」によると、急に料金が精算されなくなったり、ETCゲートが開かなくなるといったようなことは無いそうです。

しかし旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器をそのまま使い続けることは電波法違反となる可能性があるため、早めに対応するのが良さそうです。

2022年12月以降に使えなくなるETCの見分け方

では使えなくなるETC車載器はどうやって見分ければ良いのでしょうか?

国土交通省によると、2007年(平成19年)以前の技術基準適合証明・工事設計認証(旧スプリアス認証)を受け、製造されたETC車載器が規制対象となります。

ARIB STD-T75準拠品が該当すると考えられますが、車載器本体の外観や車載器管理番号(19桁の識別番号)からは判別することができないため、車載器メーカーや自動車メーカー各社のホームページで確認する必要があるとのことです。

ということで、主要なメーカーのホームページを確認してみました。

パナソニック

平成34年12月1日以降使用できなくなる機種一覧 ( )内は車載器型式登録番号

  • C03002T(0321) 実験機として出荷
  • C03002B(0354) 実験機として出荷
  • CN-RX0600AK(0389) 実験機として出荷

引用:セキュリティ規格・型式登録番号・スプリアス規格 | Panasonic

三菱

当社の全てのETC/ETC2.0車載器は新スプリアス規格に対応しており、2022年12月1日以降も安心してご使用いただけます。
引用:三菱電機ETC2.0車載器/ETC車載器:スプリアス規格の変更に関するお知らせ

古野電気

古野電気製、三菱重工業製(三菱自動車向け含む)のETC車載器はすべて新スプリアス規格に対応しており、2022年12月1日以降も安心してご使用いただけます。
引用:旧スプリアス規格のETC車載器の利用について | ETC2.0/ETC車載器 | フルノ製品情報

トヨタ

トヨタ純正ETC車載器につきましては、すべて新スプリアス規格に対応しています。
引用:自分のETC車載器は、新スプリアス規格に対応していますか? | トヨタ お問い合わせ・よくあるご質問

デンソー

ご使用できなくなるデンソー製ETC車載器は以下の通りです。

  • 型式 DIU-3102(型式登録番号 0209 / 2001年4月~2004年4月製造品)
  • 型式 DIU-3104(型式登録番号 0211 / 2001年6月製造品)

引用:旧スプリアス規定に関するお知らせ | ETC2.0・ETC|デンソー

パイオニア

弊社のETC/ETC2.0(DSRC)車載器は、平成17年12月1日に改正された無線設備規則(昭和25年電波監理委員会規則第18号)の技術基準を満たす新スプリアス規格に対応済。一部生産完了商品(ND-ETC1)につきましても、無線設備規則の一部を改正する省令(平成17年総務省令第119号)附則第5条第3項法令により、2022年12月1日以降も利用が可能となっています。
引用:スプリアス規格について | パイオニア株式会社

アルパイン

アルパイン製のETC/DSRC/ETC2.0車載器は新規格に対応していますので、2022年12月1日以降もご使用いただけます。
引用:アルパイン製ETC車載器に関するスプリアス規格変更に関するお知らせ

矢崎

1.2022 年 12 月 1 ⽇以降、使用すると違法となるETC⾞載器

  • NO1 製品名称/型式名称 ETC-YM2N 型式番号 0218
  • NO2 製品名称/型式名称 ETC-YM5 型式番号 0258

引用:【重要】旧スプリアス規格に基づき製造された ETC ⾞載器に関するお知らせ / 矢崎グループWEBサイト

ケンウッド

こちらの「新旧セキュリティ/スプリアス規格 機種別比較一覧表 / ケンウッドWEBサイト」には該当機種の記載はありませんでした。

2030年以降より多くのETCが使用不可に

また上記の件とは別に、2030年頃までにETCのセキュリティ規格の変更が予定されており、それに伴ってさらに多くのETC車載器が使用できなくなる見込みです。

こちらについてはまた後日紹介させていただきます。

※2020-09-24 追記 「2030年頃に使えなくなる旧セキュリティ対応のETCの見分け方(⇒ 記事はコチラ)」の記事を公開しましたので、ぜひあわせてご覧ください。